Skip to content

概要

AWS アカウントの作成

このワークショップを完了するには、有効で使用可能な AWS アカウントが必要です。個人アカウントを使用するか、新しい AWS アカウントを作成して、必要なアクセス権があることと、企業リソースを誤って変更していないことを確認してください。勤務している会社の AWS アカウントは使用しないでください。

管理ユーザーの作成

管理者権限を持つ AWS IAM ユーザーがまだない場合、次の指示に従って作成してください。

  1. AWS IAM コンソールを参照します。
  2. 左のナビゲーションで Users (ユーザー) をクリックし、Add User (ユーザーの追加) をクリックします。
  3. User Name (ユーザー名) を入力し、AWS Management Console access (AWS マネジメントコンソールアクセス) のチェックボックスを選択し、Custom Password (カスタムパスワード) を入力して Next:Permissions (次:アクセス許可) をクリックします。
  4. Attach existing policies directly (既存のポリシーを直接アタッチ) をクリックし、AdministratorAccess (管理者アクセス) の横にあるチェックボックスをクリックし、Next:review (次:レビュー) をクリックします。
  5. Create User (ユーザーの作成) をクリックします。
  6. 左のナビゲーションの Dashboard (ダッシュボード) をクリックし、IAM users sign-in link (IAM ユーザーのサインインリンク) を使用して、先ほど作成した管理ユーザーとしてログインします。

これでワークショップの準備ができました!